とうとう出てきた、首イボって歳のせい?

若いころは全く気にしていなかった事、白髪、抜け毛、シワ、シミ、そしてイボ特に首イボと言うのがあります。
首イボが出来たりするとネックレスなど、当たると少し痛いし、何よりも格好悪くてしょうがないです。

一口で首イボと言ってもその種類はいくつかあって、ちっちゃいポツポツしたものがいくつも出来るタイプのアクロコルドンとかスキンタッグと呼ばれるもの、1cmほどに大きくなっている軟性線維腫、そして更に大きくなって垂れ下がるように出来ている懸垂性線維腫というものまであります。

これらは男女問わず出来てきて、やはり加齢のせいもあるようです。

また原因に紫外線ダメージとか、服や肌着が常に擦れることによる摩擦なども言われています。

基本的には良性で、心配はいらないと言われていますが、時にはウイルスなどで感染力が強いものや皮膚がんといったものもあるので注意が必要です。
出血してきたり、色がついてきたり気になる変化が出てきたら、すぐに皮膚科で診てもらいましょう。
何でもない事に越したことはないですからね。

もし、首イボが気になるようなら、皮膚科や形成外科で取ってもらいましょう。

首イボ除去には様々な方法があります。

自分でハサミを使ったりして切ってしまう人もいるようですが、そこからばい菌が入り化膿したりとか悪化させてしまう事もあるので、病院で取ってもらうのが安心です。

あまり大きなものだと麻酔などを使ってメスで切るという場合もありますが、一般的な治療法なので安心出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です